紫イペ情報館

体験談

再発を繰り返していたガンがついに消えました

 平成5年12月末、夫(50歳)が「膀胱ガン」で内視鏡手術を受けました。いったんは退院したのですが、あくる年の2月中旬に膀胱炎で再び入院することに。

 そんな時、長男がどこからかイペ茶のことを聞いてきました。私は夫が内視鏡の手術を受けたのと同じ時期に義妹を肝臓ガンでなくして、十分な看護をしてあげられなかったことを悔やんでいました。そんなこともあって、夫にはできるかぎりのことをしてあげようと決意していたので、さっそく夫にお茶のタイプの紫イペエキスを飲んでもらうことにしました。

 夫は最初、なかなか信じてくれず、飲んでくれませんでした。それでもなんとか説得して、1杯、2杯と飲ませるうちに、からだによいのがわかったとみえて、そのうちに自分からすすんで飲むようになりました。紫イペエキスを煎じて飲み始めてから、出にくかった小水が出やすくなったそうです。おかげで2月下旬には退院することができました。

 それ以降もずっと紫イペエキスを飲んでいたのですが、平成10年7月に膀胱ガンが再発して入院。患部を軽く焼く内視鏡手術を受けました。

 この頃から煎じた紫イペエキスを濃くしました。それと同時に「カプセル状の紫イペエキス」を朝、昼、夜と5個ずつ飲ませました。1週間ほどで退院。8月の小水の検査で「赤い血液の帯状のものがある」といわれ、10月内視鏡検査で「膀胱ガンの再発だから、ようすを見て、場合によっては人工膀胱にしたほうがいい」といわました。

 ところが、11月内視鏡検査では、「以前に手術で焼いた部分がきれいになって、再発したはずのガンが消えている」といわれたのです。小水の検査でも、以前はっきり認められた赤い血液の帯状のものがなくなっていました。

 夫はもう5年にわたって、紫イペエキスを飲んで、延命させていただいています。これからもカプセル状の紫イペエキスとお茶のタイプとの飲用を続けながら、夫を見守る日々を送ってまいります。

 

Kさん 石川県金沢市(50歳・男性)

書籍『100人が実証「紫イペエキス」でガンが治った!』より抜粋