紫イペ情報館

体験談

再発した「肺ガン」の痛みがひき、リハビリに希望が持てます

 私の父は平成11年に「肺ガン」の手術を受けました。それからちょうど1年後に再発し、入退院を繰り返していました、痛みが激しいらしく、なんとか痛みをやわらげてあげようと、新聞広告で見つけた紫イペエキスを飲ませました。

「紫イペの高濃度エキス」を1日15粒ずつ飲ませたのですが、父は最初下痢をしました。試しに私も飲んでみたら、やはり同じように下痢をしてしまいました。でもそのまま続けているうちに、なんともなくなりました。
 紫イペエキスも効果はすぐに現れました。父いわく、ガンの痛みがなくなって、食欲も出て、お小水もよく出るようになったそうです。
 これからリハビリで歩く連取が始まります。紫イペエキスがあればなんとか乗り越えてくれそうな気がしています。
 父のこの体験談をなにかに生かせる方法はないものかと思い、この本をとおしてお伝えした次第です。やはりはじめは疑心暗鬼で、もうだめなのかと思うこともありますが、実際にトライしてみなければ結果はでません。こうした健康食品は思い切って試してみるべきだと思います。できることはしておくべきだと、試してみるべきだと思うからです。

 

書籍『ガンが治った!100人の証言』より抜粋

K・Tさん(69歳・男性)兵庫県在住