紫イペ情報館

その他疾患

元々の冷え性が不妊治療で悪化!

 不妊治療を開始して3年目。排卵誘発剤や生理を強制的に起こさせる薬の影響なのか、ホルモンバンスが崩れ、以前にも増して、生理が不順になってしまったのです。このままでは体がボロボロになっていくと感じ、一時治療をストップしました。

 そのころ、口コミで近所にある治療院の評判を聞いたんです。最初に診てもらったときに「まずは体を温めることを始めましょう」と言われました。つらい治療が続いていたので、なんだかホッとしました。治療院では、ヨモギ蒸しやサウナなどを行うのですが、家では『紫イペ』を摂るように勧められました。もともと冷え性だったのですが、不妊治療で靴下がなくては眠れないほど、症状を悪化させてしまいました。漢方も試しましたが、効果はまったくと言っていいほどありませんでした。

 

1週間で生理がきた! 生理不順に快復の兆し

 平成17年2月28日から、『紫イペ』を1日2粒、同時にお茶も飲み始めました。すると、1週間くらいで生理がきたんです!それまでは2ヵ月に1度、くるか、こないかの状態だったんですからビックリ。1ヵ月後には主人から「手足が温かくなったな」と言われるほど、体中がポカポカしてきたんです。

 快復は順調だったはずが、3ヵ月後にはまた生理が止まってしまいました。でも、「これまでが順調すぎたんだ。簡単に治るはずない」と思い、気楽に構えていました。だから、「おめでたですね」と聞いてまたビックリ。『紫イペ』が授けてくれたのだと思いました。36歳で元気な男の子を出産できました!

静岡県在住 小宮山理美さん(37歳)

健康雑誌 「はつらつ元気」 2007年 6月号より抜粋