紫イペ情報館

体験談

健康維持のために飲んでいたためか、 ガンも小さくなり、回復も順調だった

 自治体が実施している健康診断は毎年受けてきましたが、平成12年に受けた健診で血圧の高いことが指摘されました。それまでにも痔を患ったり、尿路結石をやったりと、からだのあちこちにガタがきているなとは感じていたのですが、元来丈夫なたちで、いろいろあってもあまり気にしないで過ごしてきました。

 でも、高血圧となるとさまざまなことが気になります。いよいよ血管にもガタがきたかという思いでした。そろそろ健康によいとされるものを、何か一つ、試してみるかという気持ちになったのです。それで飲み始めたのが「紫イペエキス」でした。知人からの勧めで知り、カプセル状の「紫イペエキス」を取り寄せたのです。

 私の場合は、健康維持が目的でしたから、「紫イペエキス」は1日6粒と決めました。飲むことを忘れないように、外出するときは一度に飲むこともありましたが、家にいるときは食後に2粒ずつ飲んでいました。

 ところが、翌年の健康診断で、今度は初期の大腸ガンが見つかったのです。幸いごく初期のガンということで、手術までは少し時間がありましたから、この間を利用して、毎日3粒飲んでいたカプセルを6粒に増やしてみました。そうしたところ、手術をしたときにはガンの大きさが少し小さくなっていたらしく、ガンはきれいに摘出したと、術後に担当医が話してくれました。

 ずっと飲み続けてきたので、どの程度の変化があったかはよくわかりませんが、ガンも小さくてすみ、術後の体調も順調に回復していましたから、これはきっと「紫イペエキス」を飲んで免疫力が高まったからではないかと、私は考えています。

 このごろでは、出血することが少なくなり、痔のほうもよくなってきているようです。これからも健康維持のため、「紫イペエキス」は飲み続けていきたいと思っています。

 

S.Sさん 埼玉県在住(78歳・男性)

書籍『大学病院医師が実証!「紫イペエキス」がガン患者の「5年生存率」を高めた!』より抜粋