紫イペ情報館

その他疾患

何度もくり返していた「胆石症」の発作がなくなりました

 私は30代のころから、胆管にできる石に悩まされて入退院のくり返しで、これまで4回の手術を受けました。それからも体調はすぐれず、発作が起きると脂汗が吹き出て、七転八倒の苦しみでした。

 病気改善のためにいろいろなことをやりました。よいものがあると聞くと無理をしても求め、試してみました。でも、そのどれもがからだに合わないのか、効き目はまったくありませんでした。

 そんな日々の明け暮れのなか、以前から通っていた治療院の先生に勧められたのが、イペ茶でした。それまで、いろいろなものを試してきた私です。イペ茶についても最初は半信半疑でしたが、煮出して飲み続け、2ヵ月ほどかけて3箱飲み終わったころに、発作が出なくなっている自分に気づきました。

 イペ茶を飲み始めてもう1年8ヶ月になります。これまであんなにくり返した発作がなくなり、ひどい手のしびれもほとんど忘れてしまうほどです。からだもすっかり軽く感じるようになり、まわりからも「表情が明るくなった」といわれます。もう、イペ茶なしでは、安心した日々を送ることができません。

 つい最近、いつでも入院できるようにと、下着や着替えの類を詰めていたバッグを片付けました。自分が健康ですごすことのありがたさを、しみじみとかみしめている毎日です。これからも、イペ茶に感謝しつつ、明るく生きていきたいと思います。

Nさん 長野県長野市(63歳・女性)

書籍『難病が治った!100人の証言』より抜粋