紫イペ情報館

体験談

体重がもとに戻り、髪の毛も生えてきました

 平成10年3月にいつもの時間にわが家に戻り、息子といっしょに風呂に入って、さてあがってビールでもと思った時です。息子が「お父さんのおちんちん腫れているねえ」といいます。「大人だから大きいのは当たり前だろう」と言いつつ、ふと自分の一物を見てみると、確かに右側のタマがいつもより大きいようなんです。

 その時から徐々に右側のタマが腫れあがってきたのですが、仕事が忙しかったのと、恥ずかしさもあって、なかなか病院に足が向きませんでした。妻も私の一物の異変に気づき、病院へ行くように勧めます。
 泌尿器科で診てもらうと、「睾丸腫瘍」の診断で、抗ガン剤と放射線治療を行うとのことでした。それまで自覚症状はまったくありませんでした。もう1人子どもをつくろうかどうか、妻と相談していた矢先の出来事で、妻に話すと落胆した様子でした。まったくよりによって、とんでもないところにガンができたものだと恨んでみたりしたものです。
 すぐに入院することになって、抗ガン剤の投与と放射線照射が始まりました。もともと体重が100キロもあって、学生時代には、ラグビー部でフォワードをしていた私の体重がみるみる減り、80キロ近くまで落ち込みました。治療の副作用で頭髪が抜け始めた時には、「ああ、これで俺の青春も終わりか」とつぶやいたものでした。 
 なんとか治療を終え、家に戻ってから紫イペのお茶を飲み始めました。会社で机を並べているSが持って来てくれました。紫イペのお茶はガンにも効くというのがSの話でした。どうせマユツバと思いながらも、自然のものなら毒にはならないだろうと、軽い気持ちで飲み始めました。
 ところが、これが意外に効果があって、翌日からおしっこの出がよくなって、すっかりなくしていた食欲も出てきて、ものがおいしく感じられるようになったんです。それからはハイペースで紫イペのお茶を飲み、1ヵ月で月4~5箱も飲んでしまいました。
 体重も次第に増え、退院から2カ月後にはもとの体型に戻って、職場に復帰することができました。何よりうれしいのは最近髪の毛が生えてきたことですよ。

 

G.Yさん 群馬県在住(33歳)

書籍『100人が実証 紫イペエキスでガンが治った!』より抜粋