紫イペ情報館

その他疾患

主人は心臓が良くなり、私は血糖値が正常になりました

 私たち夫婦は、夫が85歳、私が83歳と、高齢夫婦です。二人とも若いころから比較的健康で、大病を患ったことはありませんでした。でも、さすがにこの年になると、からだのあちこちに病気を抱えるようになります。大変だったのは4年ほど前、主人が心臓発作で倒れ、人工動脈の手術をしたことです。

 この手術以降主人は、血流をよくするための薬を一生飲み続けることとなりました。術後の回復も思わしくなく、体調がすぐれませんでした。夜中、寝ているときに軽い心臓発作を起こすこともたびたびでした。このときの血圧は高く、最大値190ml、最小値は90mlでした。

 「紫イペエキス」のことは新聞広告で知りました。『難病が治った!』といったタイトルの本です。主人の心臓が心配で、さっそく取り寄せて朝2粒、夕方食事の後に1粒ずつ、計1日3粒を飲むことにしました。

 飲み始めて半年くらいたったころから、夜中に起こる心臓発作の回数が激減し、苦痛を感じることはあっても極めて軽度なものに変化してきました。血圧も安定し始め、最大値140ml、最小値は80mlと、まだ多少は最大値が高いものの、ほぼ正常値といっていい数値に落ち着いてきました。

 現在「紫イペエキス」を飲み始めて3年がたっています。今では軽い心臓発作もなくなり、いたって元気な毎日を過ごしております。85歳という年齢にもかかわらず、毎日車を運転して近くのコーヒー店に出かけるのが日課。それがとても楽しみのようです。

 実は、私も主人と一緒に「紫イペエキス」を飲み始めていました。私の方は血糖値が高かったためです。こちらの方も今では正常値を維持するようになっていて、おまけに、ここ3年ほどは、病院へ通うのも歯医者と皮膚科だけという元気な毎日を送っております。

 二人とも、「紫イペエキス」にはとても感謝し、ずっと飲み続けようと話し合っています

Yさん 広島県広島市(主婦・83歳)

書籍『ガンが消えた!難病が治った!』より抜粋