紫イペ情報館

体験談

リウマチ歴30年の私、ひざの痛みがなくなり医師が驚いています

 私がリウマチと診断されてから、もう30年がたちます。

 とくに、ひざと足腰が痛み、1ヵ月に1度ひざから水を抜き、ステロイド剤を注入していました。それだけでなく、貧血もひどくて、食欲もなく、やせる一方。年々からだの自由が奪われ、不自由なからだになる自分が惨めで悲しい毎日でした。
そんなとき、勧めてくれる人があって、イペ茶を飲み始めました。

 すると、1週間もしないある夜、トイレに行くときに「あらっ」と思いました。肩の荷を降ろしたときのようにからだが軽く感じたのです。

 その後、ひざの痛みも水をとることもしだいになくなり、検査の結果も良好で、貧血のほうもよくなり、私はもちろん誰よりも医師が驚いていました。

 血沈(赤沈、正常値が女性で2~15mm。高齢者ではやや高い)が50~60だったのが、現在は20~30です。

 イペ茶を飲み始めて4年半になります。足首の痛みがしばらくとれませんでしたが、いまはその痛みもなく、ひざの水も抜いていません。夏でも食欲があり、以前のように夏バテすることもなくなり、あのころ37キロだった体重が42キロになりました。

難病が治った!100人の証言より抜粋