紫イペ情報館

体験談

わずか半年でガンがなくなり、仕事に出られるようになりました

 病院の先生には「奇跡に近い回復ぶり」といわれています。これも紫イペエキスのおかげです。
 平成13年2月に病院に担ぎ込まれた時、「子宮体ガン」の第Ⅳ期で、腹水がたまり、卵巣が破裂していて、すぐに手術を受けました。

 手術後、抗ガン剤の治療をすることになり、その副作用をやわらげるために紫イペエキスを飲み始めました。紫イペエキスを知るきっかけは新聞の広告で見つけた本でした。本を読んで自分なりに納得して、お茶とカプセルのタイプを飲んでみることにして、さっそく取り寄せました。

 病院での治療は4週間に1回の抗ガン剤治療を5ヶ月間やりました。その間、ずっと紫イペエキスを飲み続けました。担当の先生からは「食欲がなくなるよ」といわれましたが、吐き気もなく、食事も普通に食べることができ、白血球の数もほとんど下がることはありませんでした。

 紫イペエキスを飲んでいると、ものがおいしく感じ、食べたくて食べたくてしかたありません。そんなわけで飲み始めてから4ヶ月ほどすると、5キロ減っていた体重がもとに戻るどころか、以前より重くなってしまったぐらいです。顔のつやもよくなったし、変色していたツメもすっかりきれいになっていました。

 1年以上かかるはずだった治療が、紫イペエキスのおかげでわずか半年でガンがなくなり、今は月に1回の検査に行くだけですし、仕事にも出られるようになりました。

 ガンがなくなった今は飲む量を1日3回、1回3粒に減らしましたが、これからも一生飲んでいきたいと思います。

 

Nさん 北海道上川郡(52歳・女性)

書籍『100人が実証「紫イペエキス」でガンが治った!』より抜粋