紫イペ情報館

その他疾患

やっかいな帯状疱疹の症状が『紫イペ』で解散!胃痛やヘルペスも解消し快適な毎日!

病気だらけで悩んだ日々…

 以前の私は体のあちこちが悪くて、いつも本当に苦労していたんですよ。薬なんて、お菓子の缶カンいっぱいに持っていて、まるで薬屋さんみたいでした。
 そんな私が『紫イペ』のことを知ったのは、今から数年前のことです。帯状疱疹になってしまい、顔の右半分にしびれや痛みがあらわれました。もちろん、病院で治療を受けましたが、一向によくなりません。病院の薬も思ったほど効かず、つらい毎日が続きました。

 「帯状疱疹を治す何かいい方法はないものか」、そう思案していたとき、本屋さんで『紫イペ』の本を見つけたのです。いろんな病気で悩む方々の体験を知り、とても感動しました。赤鉛筆で印を付けながら必死になって読み、「私の帯状疱疹も『紫イペ』を飲めば、きっとよくなるはずだ!」と確信したのです。すぐに注文して飲んだところ、あんなにつらかった症状がみるみる治まり、すっかり回復しました。

 しかし、“喉もと過ぎれば熱さ忘れる”で、いつの間にやら『紫イペ』を飲むこともなくなっていました。そして、またもや缶カンいっぱいの薬を飲むような状態に逆戻りしたのです。

 今年の一月に風邪をひいてしまいました。病院へ行き、薬をもらって飲んでいたのですが、なかなか治りません。

 一ヵ月近く薬を飲み続け、少々よくなってきたなあと思ったら、今度はヘルペスに…。頭にガンガン響くようなイヤな痛みが止まらず、これまた薬を飲んでもちっともよくならないのです。さらに強い薬をいっぱい飲んでいたせいか胃が荒れ、今度は胃潰瘍になってしまいました。

 そのとき、ふと『紫イペ』のことを思いまだし、「また飲んでみよう!」と思ったのです。

 

体が軽くなって体重も減った!

 再び『紫イペ』を飲みだして1ヵ月が過ぎたころから、体の調子がグングンよくなってきました。以前は、夜中に何度も起きていたのが、朝までグッスリ眠れるようになったのです。

 ヘルペスや胃の痛みも消え、食事がおいしく食べられるようになりました。うれしかったのは、便秘が改善したことです。それまでは二日に一回ぐらいだった便通が、なんと一日に二回もあるのです。体もスッキリ軽やかになり、体重が3gk減。痔もよくなり、風邪もまったくひかず、あんなにたくさん溜め込んでいた薬とも無縁の生活です。

 この間のゴールデンウィークも、田植え仕事で忙しく過ごしたのですが、腰が少しばかり痛くなったぐらいで、後は何ともなし。毎日元気いっぱいです。

石川県在住 浦根君子さん(69歳)

健康雑誌 「はつらつ元気」 2008年 7月号より抜粋