紫イペ情報館

体験談

たび重なる膀胱ガンの再発で人工膀胱の危機を2年間飲み続けた『紫イペ』で回避!

 年に一度人間ドックを受けているのですが、二回目に再検査を勧められたんです。でも、自覚症状がまったくなかったため、受けずにいました。翌年の平成15年1月、三度目の検査でも再検査となり、今度は専門医に診てもらうことに。すると、「膀胱にぼやけたカゲがある」とわかり、腫瘍が見つかったのです。

 すぐに入院して手術を受けたのですが、医師からは「腫瘍ができないようにする薬はない。もぐらたたきと同じで、腫瘍が見つかったら、手術でたたくしかない」と再発の可能性が高いことを告げられました。言葉通りに再発し、5回の手術を繰り返すことになってしまったのです。

 

息子がインターネットで見つけてくれた『紫イペ』

 不安を感じて息子にインターネットで治療法などを調べてもらいました。そこで『紫イペ』を見つけたのです。最初はお茶から始めて、1年後にカプセルに変更しました。残念ながら再発は止まらず、このままでは人工膀胱になってしまうところまで追い込まれたのです。ところが、昨年5月の手術以降、体調がすこぶる良く、3ヵ月に1回の検査でも、再発や転移は見られません。今年6月1日の検査も異常なし。以前は1時間に1回はトイレに行っていたが、今は2~3時間おきになりました。趣味のつりを楽しむなど、元気に暮らせるのも、『紫イペ』を2年間飲み続けたおかげだと思っています。薬ではないので、続けなければ意味がない。これからも再発予防のために飲み続けるつもりです!

 

福岡県在住 藤代慎さん(75歳)

健康雑誌 「はつらつ元気」 2007年 10月号より抜粋