紫イペ情報館

体験談

たった1ヵ月で下がった血糖値。医師も驚いていました

 会社で行われる毎年の健康診断でひっかかりました。血糖値が高かったのです。「やっぱり、きたか」という感じでした。私の体重は98キロ。身長が172センチですから、あきらかに太り過ぎです。ビールをはじめ、酒ならなんでも飲み、食欲も旺盛。「このままの生活を続けていたら、いずれは生活習慣病かもな」とは、思っていたのですが・・・・・・。

 精密検査を受けたところ、血糖値は127mg/dl、グリコヘモグロビン6.3%。値としては“軽度”の部類ですが、糖尿病との診断。生活の改善をするようにといわれました。「紫イペエキス」は父が飲んでいました。皮膚ガンのための飲用だったので、私も飲んでみることにしました。「万病に効くらしい」と父の助言もあり、「紫イペカプセルDX」を1日毎食後に1粒ずつですが、飲んでみることにしたのです。

 営業という仕事柄、毎食後に飲むのはなかなか大変でした。外食が予定されるときは、昼の分と夜の分をピルケースに分けて持っていくこともありましたが、それでも夕食後に飲めないときもしばしば。

 しかし、1ヵ月後の検査の結果は、医師もびっくりするほどのものでした。血糖値が105mg/dl、グリコヘモグロビンは5.5%まで下がっていたのです。この1ヵ月の間、食事はご飯の量を若干控えた程度。酒も適度に飲んでいましたが、ビールだけはほとんどやめました。缶コーヒーを飲むならお茶を飲む。生活で変えたことといえば、その程度のことだったので、医師も驚いたというわけですが、私自身もびっくりです。

 2ヵ月後に再検査を予定しています。結果がよければ、その後は3ヵ月ごとの監視検査に移行することになっていますが、このままの調子でいけば、きっと「糖尿病」の汚名も返上できるに違いない、と信じています。

Nさん 千葉県千葉市(会社員・41歳)

書籍『ガンが消えた!難病が治った!』より抜粋