紫イペ情報館

その他疾患

すぐに変化がでなくても、信じて飲み続けた「発酵紫イペ」 「むくみ」がなくなり、「体のだるさ」もなくなった!

「ネフローゼ」で、むくみがひどくなり、どんどん体重が増えていったため、平成15年11月から、病院の薬と併せて「発酵紫イペ」を飲み始めました。新聞広告で本を見たのがきっかけです。

「ネフローゼ」で、むくみがひどくなり、どんどん体重が増えていったため、平成15年11月から、病院の薬と併せて「発酵紫イペ」を飲み始めました。新聞広告で本を見たのがきっかけです。

 すぐにはこれといった変化はありませんでしたが、信じて飲み続けました。

 変化が現れたのは3ヶ月ほどたってからでした。だんだんとむくみがなくなってきて、オシッコが出るようになってきました。風邪を引いてもひどくならず、再発もせずにひと冬を過ごすことができたのです。

 むくみがマシになってからは、「発酵紫イペ」の量を減らしました。

 現在(平成16年4月)は、むくみがなくなり、落ち着いた状態が続いていて、体のだるさもなくなってきました。

 

T.Nさん (40歳・女性) 大阪府

書籍『難病でもあきらめるな!「発酵紫イペ」が効く!』より抜粋