紫イペ情報館

ガン

すい腫瘍摘出の手術後も、インスリン注射をせずにすんでいます

 以前より血糖値が異常に高く、黄疸も出てきてしまったので精密検査を受けることになりました。その結果、すい臓に腫瘍があることがわかり、手術を受けることになってしまいました。ところが、血糖値が下がらないと手術はできないとのこと。インスリンの注射などをして血糖値を下げてからの手術ということになりました。

 紫イペの高濃度エキスのことは、検査入院していたときに同室になった人が教えてくれました。その人も糖尿病での入院中。紫イペの高濃度エキスを飲んで血糖値が安定するようになったということでしたので、私もさっそく取り寄せて飲むことにしました。
 紫イペの高濃度エキスは1日5粒飲むことに決め、朝昼晩の食事の後に粒数を変えて飲みました。すると1週間ほどで血糖値が上がらなくなりましたので、2週間後に手術をすることになったというわけです。
 現在、紫イペの高濃度エキスを飲み始めて3カ月がたちました。手術も無事にすみ、すい臓の働きも良好とのこと。すい臓の働きが思わしくなければインスリン注射を打つことになっていますが、いまのところはその必要はないということ。これからも紫イペの高濃度エキスを飲んで、インスリン注射だけはさけたいと思っています。

 

N.Cさん 北海道在住(62歳・女性)

書籍『ガン・な病治療の新たな選択!高濃度「紫イペエキス」100人の証言』より抜粋