紫イペ情報館

体験談

『紫イペ』で食欲が戻り、薬も効かない下痢が改善 主人も胃ガンから復活!

 最初に『紫イペ』のお世話になったのは主人なんです。

 平成7年にスキルス胃ガンで余命4カ月と宣告を受けました。それなら、せめて抗ガン剤の副作用だけでもおさえたいと、すがるような思いで飲み始めたんです。すると、髪の毛が抜けたり、吐き気や食欲が落ちることもなく、まったく副作用がでませんでした。それどころか、ガンが消えてしまったのです!これには、本人も先生も心底驚いていました。
 無事退院したものの、大病のショックから、うつ病になり、アルコールに溺れるようになってしまったんです。その頃、ガンがお酒で弱った肝臓に転移していることがわかりました。手術はできないとのことで、また抗ガン剤治療を受けることになり、『紫イペ』を飲むよう勧めたんです。おかげで、今回も副作用は一切ありませんでした。

 ボロボロの体と心を助けてくれる『紫イペ』

 主人のかわりに仕事を頑張りすぎたのがいけなかったんでしょう。ストレスで食事が摂れなくなってしまったんです。気力で働いてはいましたが、胃痛や下痢もひどくなる一方で、薬を飲んでも一向に治まる気配はありません。病院に行く時間もなく、どうしようもなくなったときに『紫イペ』に助けてもらうんです。
 いつも飲み始めて5日目くらいでずっと続いていた下痢が治まり、普通の便が出るようになります。1週間もすると、何ヵ月もまともな食事ができなかったのがウソのように食欲が出てくるんです。口さびしくて、おやつをつまんでいるうちに、あっという間に体重が2㎏戻りました。
 『紫イペ』を飲んでいると、元気がむくむくと沸いてくるようで、不思議と気持ちが前向きになるんです。主人はまだ仕事復帰をしていないので、私が踏ん張らなくちゃいけない状態。これからも忙しい毎日が続きそうです。つらくなったら『紫イペ』を思い出し、『紫イペ』の力を借りて、なんとか乗り越えていきたいと思っています。

 

滋賀県在住 竹村 晃子さん(65歳)

健康雑誌「はつらつ元気」2007年8月号より抜粋