紫イペ情報館

体験談

『紫イペ』で重度の肩こりと頭痛、子宮筋腫の苦しみが劇的に改善した!

過度なストレスにさらされ、全身が重度の緊張状態に

 思い出すのもつらいのですが15年ほど前、夫がうつ病にかかり、介護生活を余儀なくされました。症状は進行するばかりで、5年後、夫が自死してしまい、私のストレスは倍増しました。自死のため友人をはじめご近所や親戚などに気を使う毎日。そういう環境や精神面が原因なのでしょう、全身が常にガチガチに緊張する状態がずっと続き、ひどい肩こりや頭痛に悩まされるようになっていったのです。首から肩、背中などが凝るというよりほとんど痛みを感じるほど張っていて、鉛筆を持つのもつらいほどでした。あまりのつらさに夜も眠れず、仕事もできなくなり倦怠感がとれませんでした。

 心療内科に通い、緊張をほぐす薬をいただいて少しはマシになりましたが、スッキリとは治りません。そして今年2014年初夏、体を動かせばいいかもしれないと加圧トレーニングのジムに入りました。そのジムに貼ってあったのが『紫イペ』のチラシだったのです。

 

『紫イペ』で体が芯から温まり、疲れにくく気分も楽になった

 飲みやすそうなカプセルタイプを購入し、8月頃から朝夕2カプセルずつ飲み始めました。疲れがひどいときは5カプセル、肩こりがつらい日は6カプセルと自分で調整しながら飲めるのも良かったですね。1週間ほどして気がついたのですが、冷え切っていた体が何だかポカポカと温かいのです。仕事中も疲れにくくなり、なぜか気分まで楽になっていることに気づきました。

 私はデパートで販売員の仕事をしていますが、この夏は駅のホームの特設コーナーに立つことになりました。炎天下で長時間の勤務ですから、いつ倒れてもおかしくない状況だったのに1日も休まず無事、勤め上げることができたのです。今まで何をしても変わらなかった体調が、急に良くなってきたのです。これは『紫イペ』の効果に違いないと確信しました。体調が悪くなると若い頃手術した扁桃腺の傷跡がうずくように痛んでいましたが、その痛みまで軽減されているのです!

 

大きな子宮筋腫が縮小し、免疫力も上がった!

 もう1つ、喜ばしいことが最近わかりました。数年前から右下腹部に手で触って分かるほど大きなしこりがあったので、婦人科を受診しました。幸い、子宮筋腫でしたがすぐ摘出というわけでもなく、様子をみましょうということになっていました。その子宮筋腫がいつの間にかかなり小さくなっていました!もう手で触れたくらいではわからず、かなりじっくりお腹を押さえて調べないと気づかないくらいです。とにかく、『紫イペ』を飲むようになってからいつも体が温かく、気持ちも安定して幸せを感じています。きっと運が向いてきたんだと、明るい未来を信じられるようになりました。

 

秋田県在住 佐藤久栄さん(50歳)

ご愛飲者様からのお声vol.⑩より抜粋