紫イペ情報館

体験談

「腎臓病」の白濁した尿が澄みきった色になりました

 朝起きたとき、まぶたが腫れて目がつぶれたようになり、尿は牛乳を薄めたような色です。夕方になると足がパンパンに腫れ、全身がだるく、重く、胸苦しい。毎日そんなつらい思いですごしておりました。

 そんな折り、週刊誌で紫イペのことを知り、さっそく送ってもらい、飲むようになって6カ月になります。
 紫イペのパウダータイプを毎日600㎎ずつ、お湯といっしょに飲みました。
 現在は、腎臓がよくなって、朝一番の尿がきれいに澄みきった色に変わり、いろいろな症状もなくなって、快適な日々をすごしております。
 腎臓がよくなってからは、パウダータイプの量を朝、夕それぞれ200㎎にしています。
 こんなに元気になったのも、紫イペのおかげと感謝して、弟妹にも勧めております。

 

Y.Mさん 高知県在住(76歳・女性)

書籍『難病が治った!100人の証言』より抜粋