紫イペ情報館

体験談

「肺ガン」の手術後、生死の境をさまよい、そこから元気になりました

 抗ガン剤の副作用で食事が喉を通らなくなって、手術前には53キロあった体重が45キロにまで減ってしまい、生死の境をさまようような状態でした。紫イペエキスを藁にもすがるような気持ちで飲み始めたんです。

 平成12年1月に「肺ガン」で肺の一部を切除する手術をしました。その直後から抗ガン剤治療が始まったのです。
 紫イペエキスを紹介してくれたのは友人でした。それからというもの「紫イペの高濃度エキス」を1日15粒ずつ朝、昼、夜の3回に分けて必死の思いで飲み続けました。
 2週間ほどして、だんだん食事が食べられるようになりました。そして3カ月後には体重が50キロに戻り、からだも本来の調子に回復していました。
 現在は抗ガン剤をいっさい拒否して、紫イペエキスだけでガンと闘っています。おかげさまで、毎日30分の散歩や、車の運転もできるようになりました。
 これからも紫イペエキスとともに、残りの人生を楽しく生きていきたいと思っています。

書籍『ガンが治った!100人の証言』より抜粋

K・Nさん(76歳・男性)滋賀県在住