紫イペ情報館

体験談

「緑内障」の眼圧が下がり、手術を回避できました

1年ほど前のことです。車の運転中に左目の奥に痛みがあり、目の前が黒い雲におおわれた感じがしたので、すぐに病院で検査をしたところ、「緑内障」と診断されました。 

 視野が90度ほどしかなく、左右の物がよく見えなかったので、1週間後の検査結果によっては手術をするといわれました。このときの眼圧が右29、左28でした。
 私は絶対に目の手術はしたくありませんでした。あわてて本屋に駆け込んで、紫イペエキスの本を探しだしました。そしてすぐに「紫イペの高濃度エキス」を取り寄せて、ワラにもすがるような思いで1日9粒ずつ飲みました。
「紫イペの高濃度エキス」を飲み続けて1週間後に検査を受けました。検査の結果、眼圧が右23、左22まで下がっていたため、手術の必要はないとのことで、ほっと胸をなでおろしました。それでもまだその頃は疲れたりすると見えにくくなることがあって、そういうときは「紫イペの高濃度エキス」を多めに飲むようにしていました。
 現在は、「紫イペの高濃度エキス」の量を1日3粒に減らしています。2ヵ月に1度病院に通って検査を受けていますが、視野も160度にまで広がり、1年前には失明の可能性もあるといわれたのが、ほんとに嘘のようです。

 

I.Kさん 山形県在住(50歳・女性)

書籍『100人が証言「高濃度紫イペエキス」で難病が治った!』より抜粋