紫イペ情報館

体験談

「緑内障」で25ミリだった眼圧が3ヵ月で18ミリに下がりました

 あるとき、左眼が充血しているので、日赤眼科を訪れ眼圧を測定してもらうと、両眼とも25ミリとのことでした。
 娘夫婦の勧めで平成11年5月からイペ茶を飲み始めました。病院から点眼薬をいただいていましたが、娘夫婦がいうように、「はたしてこの黒いお茶で眼庄が下がるのか」不安でもあり、半信半疑でもありました。

 1包(5g)のイペ茶で750ccお茶をつくると、コップ5杯分になりますので、それを1日で飲みきるようにしています。夏の間は、氷を入れずに冷蔵庫で冷やして飲みます。

 効果が出たのは3ヵ月たってからでした。眼科で測ってもらうと、なんと両眼の眼圧が18まで、下がっていたのです! それまで、だんだん日が見えにくくなつているような気がして不安に思っていましたので、驚きと同時にとても不思議な感じがしましたね。

 娘たちは「絶対、イペ茶!」といい、私の誕生日も、母の日も、結婚記念日もプレゼントはみんなイペ茶でした。いまは病院の点眼薬の必要もなくなり、毎日イペ茶を飲んでいます。副作用がないので安心して飲めますね。これからも孫の顔をちゃんと見ながら生きていけると思うと安心していられます。

Hさん 神奈川県相模原市(62歳・女性)

書籍『難病が治った!100人の証言』より抜粋