紫イペ情報館

体験談

「紫イペエキス」を飲み始めて、筋腫が小さくなりました

 子宮筋腫が見つかったのは平成14年の暮れのこと。特にいろんな症状があったわけではなかったのですが、腹部に圧迫感があったので、病院で診てもらってわかったのです。筋腫は巨大なもので、お腹の上から触ってもそれとわかりました。お腹の膨らみが気になっていたのですが、それが子宮筋腫だったとは…。

 検査の結果、子宮の外側に向かって大きくなる筋腫の種類だということがわかり、しばらくは定期的に検査を続けながら様子を見ることになりました。
 「紫イペエキス」はインターネットで知りました。飲み始めたのは平成15年1月15日です。飲み方は一定していません。気がついたときにカプセルタイプを1日3回に分け、1~2粒、合計では1日4~6粒飲んだでしょうか。
 飲み始めは特に変わったこともありませんでしたが、2週間後に造影検査があり、その段階では腫瘍の大きさが500gも減っていることがわかりました。検査した医師は、こんなに早く筋腫が小さくなっていることに驚いた様子でした。
 その後はまだ検査の日取りは決まっていないのですが、お腹を触ってみると、検査したよきよりさらに小さくなっているような気がします。この段階で、「紫イペエキス」を飲んで1カ月です。この調子でいけば、どんどん小さくなっていくはず。手術ということにならないよう、これからも「紫イペエキス」を飲み続けていこうと思います。生理の出血が多くなったり、貧血が起こったりといった症状がないので、自分から気を引き締めていこうと思います。

 

S.Sさん 福岡県在住(38歳)

書籍『ガン臨床医が実証した ガンが消えた!難病が治った!』より抜粋