紫イペ情報館

その他疾患

「狭心症」の発作が出なくなり、不安から解放されました

 3年ほど前になるでしょうか。動悸や息切れがしたり、胸に激しい痛みが走るようになり、病院に行って検査を受けたところ、医師から「狭心症」と告げられ「無理な運動は避けるように」との忠告を受けました。とりあえず発作のときのためのニトログリセリンと飲み薬をいただきました。

 ところが病院の薬を飲むと副作用で頭痛がするんです。すぐにやめてしまいました。それからは、いつ発作が起きるかもしれないという不安を抱えながら、おっかなびっくりの毎日。脂肪の少ない食事にしたり、いろいろな健康食品を飲んでみたり…。それでも発作は約束したように月に1度は必ず襲ってくるのでした。
 気のおけないお友だちにそんな話をしたところ、「紫イペの高濃度エキス」のことを教えてくれました。さっそく入手して「紫イペの高濃度エキス」を1日3回、1回2粒ずつ、食後に飲みました。カプセルなので飲みやすいですね。
 それから8ヵ月ほどになる現在は、狭心症の発作が出なくなりました。「紫イペの高濃度エキス」を飲み始めてから、しだいに回数が減って、5ヵ月前の発作が最後でした。
 今は発作の不安もなくなり、健康のありがたさを痛感しています。「紫イペの高濃度エキス」をこれからも飲み続けていきたいと思います。

 

N.Yさん 埼玉県在住(48歳・女性)

書籍『100人が証言「高濃度紫イペエキス」で難病が治った!』より抜粋