紫イペ情報館

体験談

「慢性骨髄性白血病」で白血球の数が下がり安定しました

 驚きました。抗ガン剤でも下がらなかった白血球の数が紫イペエキスで下がってしまうんですからね。

 平成10年春の社内の定期健診で「貧血」という結果ができましたが、まったく自覚症状はありませんでした。検診医のすすめで大学病院で再検査した結果、「慢性骨髄性白血病」という思いもよらない診断でした。
 先生によると「余命は平均5年くらい」という話でしたが、私は楽観的な性格ですから、あと10年ぐらいは大丈夫だろうと勝手に思い込んでいました。あとから聞いた話ですが、家内は「あと1年」といわれていたそうです。
 入院して化学療法をしました。でも私の場合、あまり効果がなくて、約1カ月で退院しました。「処置なし」ということだったようです。
 退院した当初、白血球の数値は3万ぐらいに下がっていましたが、仕事でちょっと無理したりすると、すぐに数値が上がってしまうんですよね。
 退院してからは不安な日々でした。そんなとき、家内が必死になって見つけてくれたのが「紫イペの高濃度エキス」です。家内の話では紫イペエキスで白血病が治った実例がいくつもあるといいます。正直いって最初はあまりあてにはしていませんでした。最先端の医学でも治せない病気を民間療法で治せるはずがないと思ったんですよ。でも妻があまり熱心にすすめるので、仕方なく飲んでみることにしたんです。紫イペエキスを1日3回、1回3粒ずつ飲み始めました。
 紫イペエキスを飲み始めてから、しばらく3万台が続いていた白血球の数が徐々に下がって、3カ月後に1万台になりました。また白血球の数が安定するようになって、多少疲れても数値が上がらなくなりました。
 病気がわかってから、ちょうど2年半になります。病院で定期的に白血球の検査をしてもらっています。おかげさまで白血球の数が安定していますよ。ほかに特別な治療をしていないので、明らかに紫イペエキスの効果ですね。
 むずかしい病気なので、あと何年生きられるかわかりませんが、これからも白血球の数をチェックしながら、病気と共存できたらと考えているんですよ。

 

K.Tさん 福岡県在住(63歳・男性)

書籍『ガンが治った!100人の証言』より抜粋