紫イペ情報館

体験談

「慢性疲労症候群」の私が仕事に就きたいと思えるようになりました

 紫イペエキスを飲み始める前の私は、顔面が蒼白で老人のようでした。からだが重く、だるく、摂食障害も起こしていました。腸閉塞の手術を受けてから、よけいに症状が重くなりました。

 このまま死んでしまうのはいやだ――そう思い、知人に紹介してもらった紫イペエキスをわらをもつかむ思いで飲み始めました。平成11年6月のことです。
 紫イペエキスを1日2粒ずつ。初め一時的に下痢になったので、飲む量を減らしました。
 飲み始めてから、1カ月後に便通が自然になって、下痢を止めることができました。腸が動き始めた感じです。とはいえ、人並みの生活とはほど遠い毎日でしたが、紫イペエキスを飲むことで、一筋の光が見えたことは確かです。
 現在、紫イペエキスを飲み始めて1年半になります。基本的な体調の悪さは変わりませんが、体重が1年半前より4キロ増え、体力とスタミナがついたような気がします。腸の癒着がだんだん離れてきたと感じています。近い将来、仕事に就きたいと思えるようになりました。

 

静岡県在住 T.Iさん(37歳・男性)

書籍『難病が治った!100人の証言』より抜粋