紫イペ情報館

体験談

「悪性リンパ腫」で抗ガン剤治療をしていても ガン患者とは思えないほど元気です

 平成12年5月上旬から、扁桃腺と頸部リンパ節に肥大がありました。その後、胃の一部と脾臓にも腫れが見られるようになって、病院で「悪性リンパ腫」と診断されました。

 本で紫イペエキスを知り、飲み始めたのは6月上旬からです。「紫イペの高濃度エキス」を1日15粒飲みました。
 とにかく驚いたのは、以前から高かった肝臓の数値が紫イペエキスを飲み始めて、たったの1週間で普通の範囲まで下がってしまったことです。
 紫イペエキスを飲みながら、病院で抗ガン剤の治療を受けましたが、白血球が減少することもありませんでした。扁桃腺と頸部リンパ節、胃の腫れも消えてなくなりました。脾臓の腫れも消えつつあります。
 抗ガン剤治療直後の3日以外は食欲もあり、病院内を動きまわれるぐらい元気で、「ガン患者とは思えない」といわれるぐらいです。
 抗ガン剤の治療を受けながらも、こんなに元気なのは紫イペエキスの効果だと思っています。

 

I.Kさん 京都府在住(36歳・男性)

書籍『ガンが治った!100人の証言』より抜粋