紫イペ情報館

体験談

「小児喘息」で入院、通院をくり返していた娘が、うそのように丈夫になりました

 3歳になる娘の響は、月に3~4回も風邪をくり返して、平成11年の3月、4月、5月、そして9月、10月、11月は入院や通院に明け暮れました。

 平成11年の11月から、紫イペを飲ませました。飲み始めた11月から翌年の4月までは朝2g、寝る前に2gでした。その後4~5月は朝1g、寝る前に1g。5月の中ごろから現在は朝1gに減らしています。

 最初、20ccほどの小さなカップにイペエキスパウダーを入れて、お湯で溶かし、はじめの1ヵ月はスポイトであげていましたが、その後カップのままで飲めるようになりました。

 3ヵ月ほど続けて気づいたら、不思議なくらい、風邪をひかなくなりました。夜中のゼーゼーもなくなりましたね。前の年も、その前の年もクリスマスの直後に入院をして、さんざんな年末年始を送っていた響が、今年は紫イペのおかげで、楽しい年末年始を送ることができました。

 現在では風都をひいてもレントゲン撮影をすることもなくなり、病院の先生からも「響ちゃんはふんばりがきくようになったね」といわれるぐらい丈夫になりました。

 

Sさん 大阪府茨木市(3歳・女児)母談

書籍『難病が治った!100人の証言』より抜粋