紫イペ情報館

体験談

「小児喘息」が治り、からだが丈夫になりました

 私は中学2年生です。小学生の頃から「小児喘息」でたびたび発作が起こって、病院に通ってばかりいました。発作が起きると食事ができなくて、からだが弱ってしまい、楽しいはずの運動会にも参加することができませんでした。

 病院の先生に体力をつければよくなるといわれたので、スイミングスクールに通うことにしました。それでもあまりよくならず、小学4年生頃からよけいにひどくなりました。2週間に1度は決まって発作が起きるので、もう一生このまま治らないかもしれないと思いました。
 そんなとき、母が見つけてきてくれた紫イペエキスを飲み始めました。小4から飲み始めて、それから発作は出ていません。最初の頃は紫イペエキスのお茶を飲んでいましたが、今は「紫イペの高濃度エキス」を1日に3粒ずつ飲んでいます。
 喘息がなくなっただけでなく、からだが丈夫になって、病院にも行っていません。運動会にも出られるようになったし、水泳も上達して、大きな大会にも出場しています。

 

S.Hさん 大阪府在住(14歳・女児)

書籍『100人が証言「高濃度紫イペエキス」で難病が治った!』より抜粋