紫イペ情報館

体験談

「卵巣のう腫」の腫瘍マーカーが低下しています

 平成10年3月、腹水がたまって婦人科を受診すると。悪性「卵巣のう腫」の診断で抗ガン剤を点滴後、7日目に手術をしました。その後も抗ガン剤の治療が続きました。

 手術後1年が経過して再び腹水が現れ、腫瘍マーカーも高くなってしまい、平成12年4月にはCA-125が570にもなってしまいました。
 そんな折り、少しでもよくなればと思い新聞広告で知った「紫イペの高濃度エキス」を毎朝3粒ずつ飲み始めました。
 紫イペエキスを飲み始めて2週間後に血尿がありました。入院中だったため、あれこれと検査を受けましたが、結局原因はわかりませんでした。
 飲み始めから現在まで、からだにこれといった変化はありませんが、次のとおり腫瘍マーカーのCA-125が確実によくなっています。
4月(紫イペエキス飲用前)・・・・・・・570
5月(紫イペエキス飲用1カ月目)・・・・520
6月(紫イペエキス飲用2カ月目)・・・・460
7月(紫イペエキス飲用3カ月目)・・・・320
8月(紫イペエキス飲用4カ月目)・・・・162

 

H.Mさん 千葉県在住(46歳)

書籍『ガンが治った!100人の証言』より抜粋