紫イペ情報館

体験談

「前立腺肥大症」が小さくなり、排尿が楽になりました

 「前立腺肥大症」のせいで、おしっこの出が悪く、尿意があっても便器の前に立ってから尿が出るまでに時間がかかりました。
 通っていた鍼灸院の先生に紹介してもらって、平成10年の10月からイペ茶を飲み始めました。最初の1週間が2包(10g)のイペ茶に対して、水750ccの割合で飲み、それ以降、水の量はそのままでイペ茶を1包(5g)の割合に減らしました。

 飲み始めの1週間はかなり利尿効果があり、1日に7~8回トイレに行くようになり、排尿もずっとスムースになりました。その後は1日5~6回で一定しています。とくにありがたかったのは夜中のトイレが減ったことですね。以前は3~4回も起きていたのが1回に減りました。

 病院の医師の所見では、イペ茶を飲み始めたころより、肥大している前立腺が少し小さくなっていて、手術の必要もないそうです。

Sさん 東京都杉並区(50歳・男性)

書籍『難病が治った!100人の証言』より抜粋