紫イペ情報館

体験談

「全身性エリテマトーデス」の発病から2年、順調に回復して職場に復帰できました

 私は「全身性エリテマトーデス」という病気で、倦怠感、手足のしびれ、発熱などの症状が出て、平成11年9月に入院しました。

 入院中はステロイド剤を大量に使用するとのことでしたので、その副作用を抑えるために本で知った紫イペエキスを飲み続けました。
 飲み始めて2ヵ月ほどでコレステロール値を除いて、すべての検査値が陰性になりました。紫イペエキスのおかげで心配していたステロイド剤の副作用はコレステロールの上昇とムーンフェイスだけですみ、順調に回復して退院することができました。
 あれから2年がたち、現在は「紫イペの高濃度エキス」を毎日3粒ずつ飲んでいます。
 入院中には40~60mgも投与されていたステロイドは、現在2mgにまで減り、全身性エリテマトーデスでは大変めずらしいことなのだそうですが、ステロイド剤を飲まなくてもよくなる可能性があるといわれています。相変わらずコレステロール値は高いままですが、血液検査も異常はありませんし、病気の自覚症状もありません。職場にも復帰して毎日元気にすごしています。

 

H.Mさん 福島県在住(45歳・女性)

書籍『100人が証言「高濃度紫イペエキス」で難病が治った!』より抜粋