紫イペ情報館

体験談

「アトピー性皮膚炎」のかゆみが消え、顔がもとどおりになりました

 私が「アトピー性皮膚炎」に苦しめられるようになったのは、1年前に実家のある長野を離れて東京で一人暮らしを始めて、半年ほどたった頃でした。それまではなんでもなかったのに、顔に赤みが出始め、そのうちに発疹が顔や腕の関節の内側、首筋などに出るようになりました。

 最初はただの「ただれ」か、「かぶれ」だと思っていたのですが、できた場所が顔だったことと、あまりにもかゆかったので、近くの病院の皮膚科でみてもらったところ、思いもよらずアトピー性皮膚炎と診断されてしまいました。
「まさか自分がアトピーになるなんて…」と頭の中が混乱しました。わけもわからず病院でもらったステロイド入りの塗り薬で治療を始めました。その頃は、ステロイド剤の怖さも、それでアトピー自体がよくなるわけではないことも知りませんでしたし、お医者さまも説明してくれませんでした。
 半年過ぎても症状は変わらないままでした。その間にいろいろなアトピーの本を読んだり、病院を変えたり、健康食品を試したりしましたが、症状が一時的に落ち着くことはあっても、完璧に治るわけではありませんでした。
 そんなとき、職場のお友達から紫イペエキスをすすめられました。その友人は紫イペエキスでアトピーがよくなったというのです。
 半信半疑ながらも、「紫イペの高濃度エキス」を1日4粒(朝2、夜2)ずつ飲み始めて1週間ほどすると、かゆみがうすれたので、びっくりしました。それから量を1日6粒(朝3、夜3)に増やして飲み続け、1ヵ月目に皮膚の荒れがかなり改善していました。いちばんひどかった首筋もすっきりときれいになったのです。
「紫イペの高濃度エキス」の飲用を開始してから3ヵ月半たった今は、アトピーの症状はすっかりよくなり、顔がもとどおりになりました。よくなってからは1日2粒(朝1、夜1)を欠かさずに飲んでいます。そのおかげで、もともと虚弱体質だった私ですが、体調もよく、ここ半年風邪ひとつひきません。ほんとうにおすすめですよ。

 

I.Hさん 東京都在住(26歳・女性)

書籍『100人が証言「高濃度紫イペエキス」で難病が治った!』より抜粋