紫イペ情報館

多くの本・資料で、紫イペで難病と闘うお話が取り上げられています。

文献

●パウデアルコ(紫イペ)

タベブイアアベラネダエ

「新しいものとは何か、これが真実である必要性はなく、
真実とは何か、それが新しいものであるという必要性はない」

続きを読む

●紫イぺ草木茶

 次の記事は、漢方薬の普及専門紙としてアメリカで発行されている国際的新聞THEHERBREPORTから抜粋したものであります。

続きを読む

●紫イペティ ~アメリカ国民の健康回復のために~

紫イペティ
 紫イぺティはインカ帝国時代に「神からの恵みの樹」と言われていた。際立った紫色の花が咲く、ノウゼンカズラ科樹木から製茶される。
アメリカ国民の健康回復のために
 今から一千年以上も前、インカ帝国の冶療僧侶は、部族の病人の治療を自身をもって行っていた。 1960年、プラジルのサント アンドレに住むオーランド ディ サンティ医師は、末期の白血病で絶望しされている彼の兄を救わんがため、カロワヨインディオに助けを求めたところ、彼等は昔から伝わる治療法を医師の兄に施した結果30日で完治した。これは「現代の医学」では絶望と宣告されていたにも拘わらず彼の生命は助かったのである。

続きを読む

    class='wp-pagenavi' role='navigation'>
  • 3 / 3
  • 1
  • 2
  • 3